未分類

書籍の自炊

家にあるすべての本の電子化を行った。

以下のコードでpdfの数を数えたところ、合計は3,315だった。

 

ほとんどが漫画だが、一部ハリーポッターシリーズのようなハードカバーが含まれる。

かかった期間は、裁断機の購入履歴を調べて見たところ、驚きの7年間。

購入履歴を調べて見て意外に時間が経っているのに驚く。

そんな経ってたっけ???

 

購入した裁断機は「YG-LN」の「BA58A4 a」。

領収書によると送料込みで8,500円程度だった模様。

8,500円が未だに錆びずに使えているのはかなりコスパが良いと思う。

たぶん、当時の自炊ブログや情報サイト(2chまとめとか?)をいろいろ調べて、何が良いのか悩んだ末に購入したので、当時の偉人感謝しかない。

 

スキャナは1台目に2万円くらいした気がする棒状のものを買って後悔して、その後ScanSnap IX500(5万?6万?)を買い直して、最初からこれを買えば良かったと後悔したのを覚えている。

棒のようなスキャナ(1冊スキャンしただけで捨ててしまったので型番なんか覚えていない)は、名刺や免許証をスキャンするのは大得意だったようだ。

書籍の自炊には必須の重送検知機能がないのが致命的で、1冊スキャンするのに30分以上かかる有様だった。

重送された時にページ、前のページの下に潜り込んだりして順番がわからなくなりどうしようもなくなったのを覚えている。

同じ本を持っている友人にSkypeで順番を確認したのは良い思い出(?)だ。

 

構成

ちなみに、私の自炊構成は以下の通り。

  1. スキャナ「ScanSnap ix500」
  2. 裁断機「BA58A4 a」
  3. ix500の洗浄剤(Cleaner F1)
  4. ix500の替えローラー
  5. 書籍保存場所としてSynology DS418play
  6. HDD 3TBを2個
  7. スイッチングハブ 8個口(ネットワークが足りなくなったので)
  8. ルーター(I-O Data WN-AX2033GR2/E、ipv4遅すぎ。ipv6が必要になった)
  9. LANケーブル(10mを2本くらい?)
  10. ACタップ(コンセントが足りなくなった)

 

使用金額

すべてうろ覚えで申し訳ないが・・・

  1. 5-6万
  2. 8,500円
  3. 1,690円
  4. 7,189円
  5. 6万
  6. 1.5万×2
  7. 3,000円かな?
  8. 7,000円
  9. 4,000円?
  10. 3,000円

くらいだと思う。

合計だと 171,379円 – 184,379円

計算してみたら信じられない!

すごい金額だ!

 

それから1冊あたり10分程度の労働時間がかかっている(と思う)。

本を切って、スキャンして、終わるの待って、終わったら新しい本をセットして、スキャン終わった本をまとめて捨てて、スキャン中に他の本を切って、のような作業を延々とする必要がある。

3,315冊なので、10分×3,315とすると、33,150分かかったことになる。(ほんとぉ?)

33,150分は552.5時間。休み無く作業すれば23.02日で終わるらしい。

23日で終わる作業に7年かかったのは若干びっくりした。

ただまあ、すごい飽きるし仕方ないね・・・。

 

ま、なんにせよ、すべての本をNASに入れたのでどこでも閲覧可能になったのは意外に便利だ。

会社で漫画は読まないが、外にいるときの空き時間にとか、あの技術書のここが見たいとか、そういうのですぐに対応できるのは良い。

ついでにSynologyのNASで遊べるのもなかなか良い。

今後は本の購入を電子書籍ですませるようにできれば、家に本があふれかえることはなくなるだろう。

 

書籍の電子化をしてみて

部屋が広くなった。

本をたくさん持っている人にはお勧めしたい。

あと、本棚が不要になる。

部屋の圧迫感がなくなる上、地震が来ても怖くないのは大きい気がする。

思えば、東日本大震災が電子化を始めたきっかけだったように思う。

でかい本棚2段重ねは倒れてきそうで怖いんだよね。

 

後書き

書籍をどのように管理するか(フォルダで分けるのか、アプリ使うのか)、

バックアップをどうするか(PCに入れてUSBHDD?クラウド?)、

形式を何にするか(PDF?epub?)

など、いろいろ考えることがあって、意外に楽しかったと思う。

 

あとは電子書籍をスマホ(iphone8)で読むのがきつくなってきたので、iPadを購入できれば自炊は一段落だと思う。

年だね・・・。

 

 

 

 

Androidの画面をPCで映す方法の調査

Andoroid端末の画面を、PC側でキャプチャ(スクリーンショット撮影、できれば録画)したい。

適当に調べて見たところ、Vysorというアプリを見つけた。

Vysorは、Android側にアプリのインストールが不要で、Chromeの拡張機能であるため、簡単に導入できるとのこと。

Android側の設定は開発者モードを有効にし、USBデバッグをONにするだけで良いとのこと。

開発者モードの有効化は、(個人的な記憶を頼りにすると)、メニューの端末情報だかシステムだかの一番したにある項目を7回くらいタップすればできた様な記憶がある。

これは簡単そうだと、開発者モードをONに変更し、USBデバッグをONに変更、Chromeにアドインをインストールして実行。

なんだか時間がかかったが、無事画面を共有できた。

これは便利だとポチポチ操作していたら、「Proにアップデートしろ!」画面がでて切断・・・。

便利なのは有料なのはわかるが、これはちょっと・・・。

Proへのリンクも出てこないし、画面が切り替わると、モザイクでもかけられているかのように画面が乱れる。

これでは使えないかな・・・。

 

というけで諦めて、VysorをPCからアンインストール。

Android側のアプリもアンインストール。

 

Vysor以外はAndroidにアプリインストールが必要なので、スペック的に動かないかな。どうかな?

10年位前のAndroidなのでバージョンが足りないかもしれない・・・。

 

 

Synology DS418Play購入

VPNを使いたいので購入してみました。

 

結果としてはプロバイダがBIGLOBEでIPv6接続の場合は使えませんでした。(これから二重ルータを試してみようとは思いますが)

 

使えませんでした、では買った意味が無いので色々やってみようかと思います。

 

色々やってみるのに、パッケージを眺めていたところ、pythonを見つけたので使ってみます。

 

パッケージをインストール

 

パッケージセンターからインストールするだけなので、解説は不要

 

 

SSHを有効化

 

  1. コントロールパネルを開く
  2. 端末とSNMPをクリック
  3. ターミナルタブの「SSHサービスを有効化する。」にチェックを入れる(ポート番号は22)

 

TeraTermでログイン

 

ホスト Synology NASのIP Address(192.168.*.*)
ユーザ名 AdministratorグループのユーザID
パスフレーズ 上のパスワード

 

こんな感じでログイン可能

 

cpuinfo

 

とりあえずcpuinfoでも見てみましょう。(抜粋)

公式HPに載ってる通りですね。

 

pythonの実行

 

test.pyという名前で、以下のファイルを作成します。

 

上記のファイルは以下に置きます。

/var/services/homes/{ユーザー名}/Drive/python

 

pythonフォルダはmkdirで作成しました。

何も考えずにやりましたが、vi(vim)が使えます。

 

実行します。

 

実行できました。

 

pythonのバージョン確認

 

忘れてたのでバージョンを確認してみます。

 

Linuxらしい感じで、python2が動いていたので、python3で実行し直します。

 

これも実行できました。

python2ってprint(“aaa”)って実行できましたっけ・・・?

 

venvを作成します

 

仮想環境が使えないと不便なんで使えるか確認します。

使えました。

 

当然ながら、バージョンは同じです。

 

ファイルにパスを入れてみます

 

 

実行します。

 

問題なさそうですね。

 

あとは、pipかな?

 

pipを使ってみます

 

(なんとなく)flaskをインストールします。

 

おー、できた。

 

Flaskの実行

 

とりあえずソースコードをでっち上げます。

 

実行します。

 

ブラウザでアクセスします。

 

アクセスできました。

 

DS416Playには(というか、SynologyのNASには)調べた感じブラウザは無いので(当たり前ですが)localhost:portは使え無いと思います。

また、DSM(SynologyのOS)は、アクセスするのにポート5000を使っている様なので、Flaskの標準デバッグポートとかぶっています。

ポートを変えてあげましょう。

 

これだけ動いてくれればだいたい何でもできそうですね。

 

Windows Server で ICMPv4(ping)を許可する

コントロールパネル
-> Windowsファイアウォール
-> 詳細設定
-> 受信の規則
-> 新しい規則
-> カスタム
-> すべてのプログラム
-> プロトコルの種類[ICMPv4]
-> 次のページはそのままで次へ
-> 接続を許可する
-> ドメイン、ぷらいべーと、パブリックにチェックを入れて次へ
-> 名前は適当に設定

 

 

ASP.NET アプリケーションの移行でエラー

エラーメッセージ

 

モジュール IIS Web Core
通知 BeginRequest
ハンドラー 未定義です
エラー コード 0x80070021
構成エラー この構成セクションをこのパスで使用できません。この問題は、親レベルでセクションがロックされているときに発生します。ロック状態は既定で設定されているか (overrideModeDefault=”Deny”)、または overrideMode=”Deny” もしくは従来の allowOverride=”false” を含んだ場所タグによって明示的に設定されます。

 

解決策

 

役割の追加や機能の追加から.NET Framework 3.5.1を追加する。

 

 

戦国炎舞 -共闘バトルイベント- 復刻 剣豪からの挑戦状

嫌がらせ?の様に開催された、共闘イベントのメモです。

 

第三十九回 戦国大合戦 と同時に開催されました。

 

期間:2017/08/16(水) – 2017/08/21(月)

 

特筆することも無いので、変更点とメモくらいだけ。

 

  • 勇闘の太鼓が追加されました。
    連合員に効果があり、2回クリアするまで、獲得素材が倍になります。
    入手方法は、1回共闘クリア。
    他の連合員が使った分は加算され、消費されなかった回数は次の日に持ち越されます。
    毎日1つ入手でき、1つ使用できます。
  • 連合報酬が追加されました。
    クリア回数で報酬がもらえます。
    最後までクリアすると、そこからは200回毎にガチャ券が手に入ります。
  • 交換報酬にレジェンドガチャ券(何回でも可能)が追加。
    レートはすこぶる悪いですが、いくらでもレジェンドガチャ券を手に入れるチャンスです。
    今まで素材が余っていた人はレジェンドガチャ券に交換することで少しはねぎらわれるようになるかもしれません。

このくらいですかね。

 

太鼓が追加されたおかげで、Lv1周回がしづらくなりましたが、

代わりに沢山周回しなくてもアイテムを全部とれるようになりました。

 

ま、私はとれてませんが。

100回超くらいでお守りだいたいとれたのでかなり簡単になったと思います。

良修正ですね(^_^)