2020年 9月 の投稿一覧

PyCharm Professional で markdownのプレビュー表示ウィンドウの日本語が化ける(全部「???」になる)問題の対応

自分のPCではならず、AzureのVMだけでなる意味がわからない問題だった。

Azure VMは東日本に作成。(最初は英語だった)

言語設定だろうと言うことで以下を確認。

 

デスクトップ、左下の「ここに入力して検索」に「言語」と入力。

「言語の設定」を開く

「地域」の「国または地域」を「米国」から「日本」に変更。

OS再起動で、文字化けが直った。

 

 

 

XSERVER で Flaskを動かす( XSERVER + Python3 + Flask)

XSERVERでFlaskアプリを動かしてみたくなったので調べて見た。

やった後にドキュメントにまとめた為、途中が間違っている場合があります。

とりあえず検索する

検索したら引っかかったサイトの手順を実行。

エックスサーバーでPython+mySQL+Flask

  1. easy_install ⇒ できた

  2. pyenvを入れる ⇒ できた

  3. pythonをインストール ⇒ できない

あれ?

別の手順を探す

2017年の記事だからねー

環境が違うよねー

ってことで、他の方法を検索

XserverにPythonのライブラリ(Anaconda)をインストールした方法

pyenvまでは同じ。

  1. インストールできるanacondaバージョンを調べる ⇒ できた
    pyenv install -lをやったら、3-5.3.1を見つけたのでそれにしました。
    anaconda3-5.3.1
  2. Anaconda3.5をインストール

できた気がするのでバージョン確認

pythonバージョンが表示されたので動いただろう。

上記の状態で以下を実行したら仮想環境が作成できました。

sourceで起動できたので、後はpython環境と同じですね。

[Windows]pip install RPi.GPIO==0.7.0でエラー (諦めた。。。)

以下のエラーが出た

 

とりあえず表示されているURL(https://visualstudio.microsoft.com/downloads/)にアクセスし Build Tools for Visual Studio 2019 をダウンロード

Build ツールを選択したら5GB程度必要と表示されたけど、何が必要なのか調べるのが面倒なので、そのままインストール。

DL始まったのを見ていたところ、Visual Studio Build Tools 2019は1.26GBらしい。

でかくない?

 

インストール終わったあたりで再起動を求められたので再起動。

再起動後、再度pipを実行したところ、エラーが増えた・・・

RaspberryPiで使うコードだからWindowsでデバッグするのは諦めよう。