Eclipse Kapua Getting Startedを試してみる

IoT(M2M)のOSSプラットフォームであるEclipse KapuaのGetting Startedを久々に見てみたところ、かなり簡単になっていたので、再度試してみる。

 

以前のコマンド

 

以前のコマンドは以下のようなものだった。(自分のメモなので書き換わってるかも)

 

dockerのイメージが5つあるので、別々に実行(ダウンロード)していた。

ある意味分かりやすいが、2回目以降が面倒。(スクリプトでも作ればいいんだけど)

 

 

今のコマンド

 

今のコマンドはこちら。

 

 

スクリプト作る必要が無くなってて楽ですね。

 

 

クローン

 

使っているPCがWindows10なので、「Windowsキー+r」で「cmd」と入力してEnter。(コマンドプロンプト起動。管理者モード)

 

 

アクセスできない?

 

んじゃ、こっちで。

こちらは問題無く完了。

 

実行の前にdockerコンテナ全部削除

 

昔のkapuaは名前同じだと実行できなかったので、とりあえず削除しておく。

 

全部消えてるのは確認できた。

実行

 

少し時間がかかるけど、放っておけば良い。

 

 

確認

 

コマンドの実行が終わったら確認

 

 

コンテナは動いてるっぽい

 

Webページの確認

 

ブラウザで、「localhost:8080」にアクセス

 

 

Kapuaのコンソールが開いたので、ログインする。

 

問題無くログインできた。

 

とりあえず動かすのは成功。

 

気になる・・・

 

ちょっと気になるのは、dockerのコンテナが6個になっていること。(昔(kapua ver1.0.2くらい)は5個)

「kapua/kapua-events-broker」なんてものはいなかった・・・。(今は1.0.4)

こいつが何者なのかが分からない。

メモリ使用量が増えてなければいいんだけど・・・。

 

ステータスを確認してみよう。

 

メモリ使用量が5%くらい増えてる。

実数で200MB。

他のサービスに比べれば誤差かなってことで気にしないことにしよう。。

 

 

 

 

Synology DS418Play購入

VPNを使いたいので購入してみました。

 

結果としてはプロバイダがBIGLOBEでIPv6接続の場合は使えませんでした。(これから二重ルータを試してみようとは思いますが)

 

使えませんでした、では買った意味が無いので色々やってみようかと思います。

 

色々やってみるのに、パッケージを眺めていたところ、pythonを見つけたので使ってみます。

 

パッケージをインストール

 

パッケージセンターからインストールするだけなので、解説は不要

 

 

SSHを有効化

 

  1. コントロールパネルを開く
  2. 端末とSNMPをクリック
  3. ターミナルタブの「SSHサービスを有効化する。」にチェックを入れる(ポート番号は22)

 

TeraTermでログイン

 

ホスト Synology NASのIP Address(192.168.*.*)
ユーザ名 AdministratorグループのユーザID
パスフレーズ 上のパスワード

 

こんな感じでログイン可能

 

cpuinfo

 

とりあえずcpuinfoでも見てみましょう。(抜粋)

公式HPに載ってる通りですね。

 

pythonの実行

 

test.pyという名前で、以下のファイルを作成します。

 

上記のファイルは以下に置きます。

/var/services/homes/{ユーザー名}/Drive/python

 

pythonフォルダはmkdirで作成しました。

何も考えずにやりましたが、vi(vim)が使えます。

 

実行します。

 

実行できました。

 

pythonのバージョン確認

 

忘れてたのでバージョンを確認してみます。

 

Linuxらしい感じで、python2が動いていたので、python3で実行し直します。

 

これも実行できました。

python2ってprint(“aaa”)って実行できましたっけ・・・?

 

venvを作成します

 

仮想環境が使えないと不便なんで使えるか確認します。

使えました。

 

当然ながら、バージョンは同じです。

 

ファイルにパスを入れてみます

 

 

実行します。

 

問題なさそうですね。

 

あとは、pipかな?

 

pipを使ってみます

 

(なんとなく)flaskをインストールします。

 

おー、できた。

 

Flaskの実行

 

とりあえずソースコードをでっち上げます。

 

実行します。

 

ブラウザでアクセスします。

 

アクセスできました。

 

DS416Playには(というか、SynologyのNASには)調べた感じブラウザは無いので(当たり前ですが)localhost:portは使え無いと思います。

また、DSM(SynologyのOS)は、アクセスするのにポート5000を使っている様なので、Flaskの標準デバッグポートとかぶっています。

ポートを変えてあげましょう。

 

これだけ動いてくれればだいたい何でもできそうですね。

 

Windows Server 2019 の IE で .aspx ページ の Button が動作しない

Windows Server 2019 の IE で .aspx ページ の Button が動作しない

 

 

Windows Server上のIEからlocalhost指定でページを開いた時はButtonが動作するが、

IP指定(127.0.0.1とか)を指定した場合はButtonが動作しない。

 

 

とりあえずの解決策

 

Windows Serverのセキュリティの問題。

 

インターネットオプション

-> セキュリティ

-> 信頼済みサイト

-> サイト

 

 

127.0.0.1とかを追加する。

 

以上でButtonが動作するようになった。

 

 

Windows Server 2019 / 2016 で .NET Frameworkがインストールできない

インストール画面で以下の表示

 

代替ソース パスを指定する必要がありますか? 1 つ以上のインストールの選択項目がインストール先サーバーにないソース ファイルです。サーバーは Windows Update、またはグループ ポリシーで指定されている場所から不足しているソース ファイルを取得しようします。このページの [代替ソース パスの指定] リンクをクリックして、ソース ファイルの有効な場所を指定することもできます。

 

OSのインスールディスクを指定する

 

代替ソースのパスに以下を入力

 

<ドライブレター>:\sources\sxs\

 

 

 

SQLServer 2017 を 別のPCから参照できるようにする(ネットワークで参照可能なようにする)

SQL Server 2019 を 別PCから参照可能なようにするのにちょっとはまったのでメモ。

 

TCP/IPサービスを有効にする

サービスの再起動が必要

 

TCP ポートを1433に設定する。

 

TCP/IPを右クリックして、プロパティを開く。

-> IPアドレスタブ

-> 一番下のIPALLのTCPポートを1433, TCP動的ポートを(空)にする。

 

 

サービスの再起動が必要

 

ファイアウォールを設定する

 

受信の規則を開き、以下を設定する。

TCPとUDPの2つのルールを作る。

 

  • TCP
    ローカルポート : 特定のポート 1433-1434
    リモートポート:すべてのポート
  • UDP
    ローカルポート: 特定のポート 1433-1434
    リモートポート: すべてのポート

 

SQL Server Browserを実行する

 

サービスから「SQL Server Browser」を選択して開始する。

 

 

とりあえずこれで接続できた。

 

 

 

 

Windows Server で ICMPv4(ping)を許可する

コントロールパネル
-> Windowsファイアウォール
-> 詳細設定
-> 受信の規則
-> 新しい規則
-> カスタム
-> すべてのプログラム
-> プロトコルの種類[ICMPv4]
-> 次のページはそのままで次へ
-> 接続を許可する
-> ドメイン、ぷらいべーと、パブリックにチェックを入れて次へ
-> 名前は適当に設定

 

 

ASP.NET アプリケーションの移行でエラー

エラーメッセージ

 

モジュール IIS Web Core
通知 BeginRequest
ハンドラー 未定義です
エラー コード 0x80070021
構成エラー この構成セクションをこのパスで使用できません。この問題は、親レベルでセクションがロックされているときに発生します。ロック状態は既定で設定されているか (overrideModeDefault=”Deny”)、または overrideMode=”Deny” もしくは従来の allowOverride=”false” を含んだ場所タグによって明示的に設定されます。

 

解決策

 

役割の追加や機能の追加から.NET Framework 3.5.1を追加する。

 

 

A5:SQL Mk-2 の紹介(リレーショナルデータベースでの開発支援ツール)

見つけて使って感動したのでツール(最近はアプリ?)の紹介です。

 

SQL Serverでシステム開発を行うにあたり、とりあえずE-R図を作成することにしたのですが、E-R図作成するのが面倒。

ということで、良いアプリを探していたら出会いました。

 

アプリ名はA5:SQL Mk-2と言います。

 

A5:SQL Mk-2でできること!

 

まずE-R図を作成できます。

ま、E-R図作成ツール探してたんだから当然ですね。

 

さらに、E-R図からSQLを作成することができます。(CREATE TABLEとかですね。もちろんNOT NULL制約とかも入れられます)

 

さらにさらに、作成したSQLを実行することができます。(DBに接続できます)

SQL Server Management Studioをいちいち立ち上げなくて良いので実に素晴らしい機能です。

 

その上、接続しているDBのテーブル定義書を自動で作成してくれます!

 

E-R図間違ってたら、SQL実行し直して、テーブル定義書作成すれば面倒な修正作業のやり直しも自由自在です。

 

詳しくはA5:SQL Mk-2を参照ください。

 

最近ブログ書いてませんでしたが、あまりにも便利で書かずにはいられなかった(>_<)